AI ビデオエンハンサー
home
ホーム >  関連記事 >  2021動画の画質を上げるソフトTOP5

2021年動画の画質を上げるソフトTOP5

携帯で撮った動画やインターネットからダウンロードした動画の品質が悪い場合はどうしますか?心配しないでください、プロの動画強化ソフトを使えば簡単に解決できます。この記事では、5つのプロの動画を高画質化できるツールを紹介します。

動画の画質を上げるソフトTOP5

NO 1. AI ビデオエンハンサー

初めに紹介したいソフトは AI ビデオエンハンサーです。

AI ビデオエンハンサーは動画を高画質化できるソフトであり、Faster Upscale(x2)、Faster Upscale(x4)、Ultra Upscale(x2)、Ultra Upscale(x4)の四つの AI 処理モードが用意されています。それは月間プラン(4,298円)、年間プラン(22,298円)、永久プラン(55,598円)の三つの料金プランを提供しています。

AI ビデオエンハンサーは、先進な AI 技術で動画の輪郭を検知して、複数のフレームから詳細を収集することにより、動画のコントラストと輝度を改善して、実際のビデオ解像度を向上させます。クリアで自然なビデオの詳細を追加しながら、480p から 1080p、1080p から 4K または 8K にアップグレードします。次は、AI ビデオエンハンサーの機能点やAI ビデオエンハンサーを使って、動画を高画質化の手順をご紹介いたします。

AI ビデオエンハンサーの特徴

  • 四つの AI 処理モードを用意
  • 低解像度のビデオを1080p、4K、および8Kにアップスケールできる
  • MP4、AVI、MKV、MPG の動画入力形式をサポート。(今後がより多くの形式を追加しています...)
  • フッテージをフレームごとにぼかしを除去可能フッテージをフレームごとにトリミングでき、処理時間を大幅に節約する
  • Windows 版のみ提供。操作画面が簡潔で、日本語に対応して、初心者でもわかりやすいです。
AI ビデオエンハンサー

Step1: AI ビデオエンハンサーを実行してくだい。

Step2: 「追加」ボタンをクリックして高画質化したい動画を追加するか、パソコンから直接に動画ファイルをドロップして追加します。

Step3: 処理モードを選択します。右上の「AI モデル」には、Faster Upscale(x2)、Faster Upscale(x4)、Ultra Upscale(x2)、Ultra Upscale(x4)の四つの AI 処理モードから選択できます。

Step4: 出力設定を調整します。解像度には200%、400%、SD、HD、4K UHD、4K、および 8K のオプションを用意して、ここでは、200%にします。

Step5:「処理を開始します」のボタンをクリックして、画質上昇を開始します。(処理時間を節約するため、トップバーでビデオを希望の長さにカットしたほうがいいです。)

avclabs video enhancer ai

メリットと不足:AI ビデオエンハンサーは日本語に対応して、簡潔なインターフェースで初心者でもわかりやすいです。そして、先進な AI エンジンを搭載して、普通の画質強化ソフトより AI ビデオエンハンサーのほうが処理速度が速く、出力したビデオ画像がより自然になります。しかし、このソフトはコンピュータのパフォーマンスに対する要件が比較的高くて、今のところ、AI ビデオエンハンサーは Windows 版のみ提供しています。(Mac 版もまもなく登場する予定です。)

注:AI ビデオエンハンサーを実行するには、ハイエンドの専用グラフィックカード(NVIDIA GTX 1050 Ti以降)のご利用をおすすめします。最低 CPU 要件は、2015年以降(第4世代)の Intel CPU または 2016 年以降の AMD CPU です。ハードウェア要件の詳細については、ここをクリックしてください。


NO 2.Filmora X

Filmora X には基本的な動画編集に加え、動画のコントラストや彩度などをコントロールできる画質調整機能が備わっています。強力で幅広い編集ツールとして、日本でも知名度と人気が非常に高いです。それは、TechSmith の Camtasia と同じよう、多くのフィルター、エフェクト、ツール(グリーンスクリーン、ブレンディングモード)が付属しています。以下は、Filmora X の主要な機能をご紹介します。

特徴1:Filmora X でシーンの切り替わりを検出して、編集時間を節約

特徴2:動画編集機能を搭載

特徴3:ブレている動画や映像の歪みを見やすく補正

特徴4:キーボードショートカットのカスタマイズが可能になる

特徴5:Windows 版 と Mac 版を提供

メリットと不足:Filmora X は、ビデオの品質を上げるのと比較して、ビデオのクリエイティブな編集に重点を置いており、ビデオにさまざまな特殊効果を追加します。

Filmora X

NO 3. VideoProc

VideoProc は、シンプルで使いやすいビデオ処理ソフトウェアです。ビデオ安定化、ノイズ除去、レンズ補正などの機能を搭載するだけでなく、カット・分割・トリミング・結合、字幕追加、回転、など編集機能も内蔵しています。以下は、VideoProc の主要な機能をご紹介します。

特徴1:動画編集機能を搭載

特徴2:手ブレをを取り除き、映像を綺麗に

特徴3:MP4、MOV、AVI、WMV などの出力フォーマットを用意

特徴4:ビデオの色、明るさ、コントラスト、色相、ガンマ、彩度を再調整できる

特徴5:Windows 版 と Mac 版を提供

メリットと不足:「時に、変換スピードが遅く、動画の画面乱れ場合があります」という悪い口コミ評判がりますが、利用者の評価は全体的に高く、愛用している方も多いようです。

VideoProc

NO 4. Topaz Video Enhance AI

Topaz Video Enhance AI は AI アップスケーリングソフトです。「Artemis(アルテミス)」、「Dione(ディオネ)」、「Gaia(ガイア)」、「Theia(ティア)」といった4つの AI モードに分類します。各モードの機能は以下の通りです。

Artemis HQ :ハイクオリティの動画を高解像度化かシャープ化する上、動きのちらつきを減少する。
Artemis MQ :中程度のノイズと圧縮アーティファクトのある中品質の動画を高解像度化か強化する。
Artemis LQ :高程度のノイズと圧縮アーティファクトのある低品質の動画を高解像度化か強化する。
Dione Interlaced DV:デジタルビデオカメラで撮影した動画や DVD のインターレースを解除し高解像度化する。
Dione Interlaced TV :アナログ TV のインターレースを解除し高解像度化する。
Gaia HQ :高品質の動画をディティールを生成し、高解像度化する。
Gaia CG :ジャギーやモアレのある CG 映像等をディティールを強調し高解像度化する。
Theia Fine Tune Detail :パラメータ調整し、ディティールを生成することで動画を高解像度化あるいはシャープにする。
Theia Fine Tune Fidelity :パラメータ調整して高い忠実度で動画を高解像度化あるいはシャープにする。

メリットと不足:No 1 のAI ビデオエンハンサーと比較して、Topaz Video Enhance AI は永久バージョンでのみ購入でき、299ドルの費用がかかります。

Topaz Video Enhance AI

NO 5.DVDFab Video Enhancer AI(DVDFab 動画加工 AI)

DVDFab 動画加工 AI は、AI の力で動画品質480P から1080P に動画品質をアップスケールすることができます。これを使って、画像の彩度と明るさを向上させるだけでなく、ぼやけやノイズを減らすことができます。このビデオ強化ソフトウェアは、ニューラルネットワーク、機械学習、画像認識などの AI テクノロジーを採用しています。

特徴1:古い動画の拡大や高画質化可能

特徴2:動画を SD(480p)からフル HD(1080p Blu-ray標準)、または1080p から4K にアップスケールできる

特徴3:4つの AI モードを搭載

特徴4:MP4 と MKV の出力フォーマットに対応

特徴5:Windows 版のみ提供

メリットと不足:このソフトは軽量で、単独で作動できます。 Windows 版のみ提供しています。

DVDFab Video Enhancer AI

最後に

上記は今回紹介した5つの動画を高画質化ツールです。 各ツールは大企業によって開発されており、そのセキュリティパフォーマンスは信頼でき、安心してご利用ください。 紹介されたツールの中で、AI ビデオエンハンサー、Topaz Video Enhance AI と DVDFab Enhancer AI は AI 動画強化ソフトであり、一番おすすめしたいです。AI 動画強化ソフトは AI 非搭載のツールと強化された動画の効果に大きな差があります。

特に、AI ビデオエンハンサーは月間プランを提供しています。ほかに、AI 技術によって動画画質を向上させるため、変換に時間がかかることをご注意ください。 そして、YouTube クリエイター、YouTube チャンネルや SNS に編集した動画を投稿したいと考えている方、Filmora X と VideoProc をおすすめします。 どれでも無料体験できますが、自分のニーズに合わせて、製品の特性をしっかり把握しておきましょう。