AI ビデオエンハンサー
home
ホーム >  活用記事 >  FHD 動画を 4K 動画に変換する方法

HD や FHD 動画を 4K 動画に変換する方法

ネットワークの発展とともに、放送されている動画の画質も発展しています。今はすでに FHD の時代になっています。スマホやカメラも 4K の動画を簡単に取れるようになりました。一部のプロフェッショナルカムコーダーは 8K 及び 12K の動画が取れます。これからは 4K の時代になります。そのあとは 8K の時代が来ると見込みます。

FHD の 1080p と比較して、4K は4倍のピクセルを持っています。故に画面にある情報量も4倍になります。大画面の 4K モニターやテレビで見ると、画面の細部がはっきりと見えます。今ネット上のユーチューバーやビデオクリエーターもよく 4K の解像度で録画しています。YouTube も 4K 動画のアップロードも対応し、モニター、テレビ、スマホの解析度も 4K になっています。この前のオリンピックの中継でも 4K の解析度があります。

これからは周りのデバイスが 4k になりましすが、以前の HD や FHD の動画も一緒に 4K にアップスケールできますか?結論から言うと、できます。

皆様がネットで、高画質化の MV も見たことがありますか。ある MV の動画は10年以上前に撮ったものです。その時撮った MV は決して 4K ではありません。これはどうやって実現されたのでしょうか?

低解析度の 480p 動画の画質を上げる方法

実は、このような高画質化の MV は、AI 技術によって、低解析度の動画を高解析度の動画にアップスケールして、実現されました。AI テクノロジーによって動画の画面を補完させます。高解像度ビデオに近づけることを感じします。昔では想像がつかない技術でしたが、今の個人パソコンでもそのようなことを簡単にできます。

では、AI はどうやって画面を補完したのか?簡単に言うと、AI は無数の圧縮された低解析度の動画をもらって、その後、もらった低解析度の動画を補完して、解析度をアップして、元の動画と比較します。その後、AI はアルゴリズムを自己最適化し、画面を復元するまで、このプロセスを繰り返します。無数回の繰り返しで、AI が画面補完の能力を身に着けます。このような訓練を受けた AI を使って、動画を高画質化に実現します。

次は AI 技術を通して、動画をアップスケールできるソフトを紹介します。数クリックするだけで、動画の解像度を上昇させます。AI ビデオエンハンサーは AI 技術を搭載されたソフトです。簡単に動画を 480p の動画を 1080p に、1080p の動画を 4k に、4k の動画を 8k にアップスケールすることができます。AI で画面を補完すると同時に、ノイズ除去と色の改善もできます。

次はこの AI ビデオエンハンサーの使い方について、説明します。

AI ビデオエンハンサーの特徴

  • 動画の画質を上げて、きれいにする
  • SD から HD、HD から 4K へアップスケール
  • 画面のぼかしを解除できる
  • 画面のトーンジャンプを解消できる
  • 動画をフレームごとに処理する
AI ビデオエンハンサー

注:AI ビデオエンハンサーを実行するには、ハイエンドの専用グラフィックカード(NVIDIA GTX 1050 Ti以降)のご利用をおすすめします。最低 CPU 要件は、2015年以降(第4世代)の Intel CPU または 2016 年以降の AMD CPU です。ハードウェア要件の詳細については、ここをクリックしてください。

まずはダウンロードボタンをクリックして、AI ビデオエンハンサーをパソコンにダウンロードします。ソフトのサイズが少し大きいので、インストールが完了するまで、しばらくお待ちください。インストールが完了したら、ソフトを実行します。

Step 1
動画を追加する

メイン画面の真ん中にある「追加」をクリックするか、画質を上げたい動画をソフト内にドロップして、動画を追加します。

動画を追加する
Step 2
AI モデルと解像度の設定をする

動画を追加すると、下に、追加された動画のプロパティ(解像度、フレーム数など)が見えます。開始フレームと終了フレームの設定によって、画質上げる範囲を設定できます。

AI ビデオエンハンサーは様々な AI モデルを用意しています。右上では「AI モデル」の選択ができます。「Faster Upscale」は画質と速度のバランスを取ったモードです。初心者はこれをお勧めです。「Ultra Upscale」は画質優先のモードです。これを選択すると、処理速度が遅くなります。最適な AI モデルを選択してから、解像度の設定をします。

AI モデルの設定

解像度の設定について、一般では、480p の動画を 1080p に、1080p の動画を 4K、4K の動画を 8K にするほうがお勧めします。480p から 4K にすると、改善できる効果は限られていて、さらに大量な時間がかかります。敢えて効率が下げますのでお勧めしません。

解像度の設定
Step 3
処理を開始する

出力フォルダの設定が完了したら、「処理を開始します」をクリックして、動画の画質を上げます。

処理中に、パソコンが全ての性能を放り出しますので、できるだけほかのプログラムを実行しないようにしてください。左上に処理の速度が見えます。下の経過バーで処理の進行状況が見えます。経過バーの右では残り時間が確認できます。

処理を開始する
Step 4
動画を確認する

処理が完了したら、フォルダを開くをクリックして、画質上げた動画を確認できます。

動画を確認する

最後に

これで、FHD の動画を 4K に変換できました。画質も明らかに改善されました。必要に応じて AI モデルを選択して、違う効果が得られます。AI ビデオエンハンサーは自分が撮った FHD の動画を簡単に 4K 画質に上昇できます。早速ダウンロードしてお試ししましょう!

無料体験版は動画の画質を三回上げることができます。ライセンスを購入すれば、制限なしで利用することができます。画質上げた効果を確認してから、購入するほうがお勧めします。一か月ライセンスは4,298円で、少し高いと思いますが、利用期間内に使い放題です。御気に入れば、もっとお得な年間ライセンスがありますので、ぜひお試しに!


title関連製品

AI ビデオエンハンサー

AI ビデオエンハンサー

ビデオ品質を向上させて、見た目に美しいものにします。

詳細を見る