AVCLabs Photo Enhancer AI
home
ホーム >  関連記事 >  2022写真の画質を上げるソフトTOP5

2022年写真の画質を上げるソフトTOP5

今 AI 技術を利用して、写真と画像を処理することは珍しくありません。手持ちのスマホとデジタルカメラはより鮮明な写真を得るために、既に AI 処理を行っています。一般の画像処理ソフトより、AI で処理した画像 はもっときれいに見えます。この文章では、AIを使っている五つの写真加工ソフトを紹介します。

2022年写真の画質を上げるソフトTOP5

AVCLabs Photo Enhancer AI

対応環境:Windows、macOS、ウェブ

初めにAVCLabs Photo Enhancer AIを紹介したいと思います。

写真とイラストを損失なく16倍拡大できます。AVCLabs Photo Enhancer AI はたくさんの機能を持っていて、写真と画像を高画質化できるだけではなく、ノイズの除去やモノクロ写真に色付けることもできます。操作もとっても簡単です。三つの料金プランを提供しています。一か月2,980円、一年10,980円、永久 21,980円となります。今は五つのモデルがあります。

アップスケール: 汎用モデルです。

ノイズ除去: ノイズが多い写真に最適です。

色修正: 写真の色を改善できます。

背景削除: 写真内の人物だけ残り、背景を削除できます。

色付け: モノクロ写真に色を付けます。

AVCLabs Photo Enhancer AI の特徴

  • ロスレスで画像の解像度を上げる
  • 写真のノイズを除去できる
  • 写真の色を改善できる
  • 写真から背景を削除できる
  • モノクロ写真に色付ける
  • 操作簡単!学習コストなし
AVCLabs Photo Enhancer AI

メリットと不足:AVCLabs Photo Enhancer AI の機能は豊富で、写真とイラストを高速で高画質化できます。そして、無料体験ができます。ネットを接続しなくても利用できますので、情報漏れの心配はいりません。三つのプランがありまして、自分に適するプランを選択できます。永久ライセンスを購入すると、生涯アップデートができますが、値段は少し高いです。

注:AVCLabs Photo Enhancer AI の GPU 加速機能を利用するには、対応のグラフィックカード(NVIDIA:GTX 600シリーズ以降。AMD:Radeon HD 7000シリーズ以降。Intel 第4世代コア統合グラフィックス以降)およびシステムが必要です。ハードウェア要件の詳細については、ここをクリックしてください。

AVCLabs Photo Enhancer AI

NO 2.Topaz Labs Gigapixel AI

対応環境:Windows、macOS

Topaz Labs Gigapixel AI は専門な画像処理ソフトです。写真をロスレスで拡大できます。永久版(99.99$)しかありません。Lightroom Classic や Photoshop にも使えます。五つの AI モデルがあります。必要に応じて、最適な AI モデル選択して画像を加工します。

Standard:汎用するモデルです。

Lines:街や建物、文字などの画像を専攻するモデルです。

Art &CG:コンピュータグラフィックスや 3D レンダリング等を専攻するモデルです。

Low Resolution:画質が荒い、またはサイズが小さい画像を専攻するモデルです。

Very Compressed:ノイズの多い画像を専攻するモデルです。

メリットと不足:処理後の画質はとっても良いです。プログラムの表示言語を日本語に切り替えて使用することはできません。現状は日本語化される予定もないようです。永久版を購入すると、一年間だけのアップデートができます。その後新しい AI モデルが開発されるなら、それを使用とするには再度購入しなければなりません。

Topaz Labs Gigapixel AI

NO 3. DVDFab 写真加工

対応環境:Windows、ウェブ

AI でイラストや写真を高画質化できるソフトです。Windows 版とウェブ版だけあります。高画質化以外に色付けとノイズ除去の機能もあります。三つのプランを提供しています。¥5899/月,¥10029/年,¥15929/永久

特徴1:低解像度のイラスト、写真を最大40倍に拡大できる

特徴2:写真をアメリカンコミックの様に変換できる

特徴3:画像のノイズを解消できる。

特徴4:モノクロ写真をフルオートで着色できる

メリットと不足:機能は比較的に豊富で、日本語も対応しています。三つのプランがあり、自分に最適なプランが選択できます。一か月のプランは少し高いので、短期で利用するのはお得ではないと思います。

DVDFab 写真加工

NO 4. Bigjpg

対応環境:Windows、Android、iOS、ウェブ

画像ファイルをサーバーにアップロードして、画質を上げるアプリです。イラストと写真二つのモデルがあります。一か月間無料で20枚の画像を処理できます。無料版はアップロードできる画像に3000x3000px、5M; の制限があります。有料版は同じく三つのプランを提供しています。6$/二月(毎月500枚)、12$/半年(毎月1000枚)、22$/年(毎月2000枚)。有料版では画像を最大16倍拡大できます。

メリットと不足:日本語対応で、いろんなデバイスで利用可能です。無料で使えますが、いろいろ制限があります。すべての機能を利用するには有料版が必要です。幸い値段は安いです。有料版は無制限で利用できませんので、大量な画像を処理するにはお勧めしません。処理後の効果も AVCLabs Photo Enhancer AI と差があります。

Bigjpg

NO 5.AI Image Upscaler

対応環境:ウェブ

これも画像ファイルをサーバーにアップロードして、画質を上げるサイトです。ウェブ版だけありまして、写真を最大400%拡大できます。一週間10枚の画像を無料で処理できます。無料版ではサイズを最大4000*4000、5M 以下の画像ファイルが追加できます。複数の画像を処理するには、クレジットを購入する必要があります。これも三つのプランがあります。9$/日、19$/月,69$/年。

メリットと不足:一週間10枚で、一か月間約40枚の画像を処理できます。有料版では制限がありません。日本語に対応していないのは少し不便です。

AI Image Upscaler

最後に

以上では五つの写真の画質を上げるソフトを紹介しました。全部 AI 技術を応用して、画像を高画質化できるものですAVCLabs Photo Enhancer AI、Topaz Labs Gigapixel AI と DVDFab 写真加工はオフライン環境でも使えるソフトです。情報漏れの心配もいりません。安心に利用できます。Topaz Labs Gigapixel AI 以外はウェブ版があります。ソフトをインストールせずに利用できます。使用上では便利です。

たくさんの機能と最高の画質を欲しいなら、AVCLabs Photo Enhancer AI を一番お勧めです。最高の画質だけ欲しいなら、Topaz Labs Gigapixel AI がよいです。処理したい画像の数は少ないときは無料で使える Bigjpg と AI Image Upscaler がよいです。以上の製品は全部無料体験ができますので、試用してから決めるのはよいと思います。